社会福祉法人仙台キリスト教育児院|第1種社会福祉事業|第2種社会福祉事業|公益事業|社会福祉事業活動|宮城県仙台市

 

かりんの家

 

グループホームとは

グループホームとは
 
地域小規模児童養護施設は、グループホームと呼ばれることもあります。子どもの定員は6人で、専任の職員を2人以上配置し、施設も一般の民家などを使うため、より家庭的な環境の中できめ細かいケアが行いやすいという特徴があります。
 

かりんの家紹介

かりんの家紹介
 
かりんの家外観
■施設外観
地域小規模児童養護施設(グループホーム) かりんの家 

所在地:〒981-0906 仙台市青葉区小松島新堤4番21号
電話番号:022-301-5261 
設立年月日:平成12年10月1日
定員:6名
建物:木造2階建
職員配置:児童指導員(1)、保育士(2) 
 

かりんの家では・・・

かりんの家では・・・
 
 グループホームという形で、一軒の家に地域の方々とのかかわりを大切にしながら子どもと職員が共に生活しています。
 家庭と同じ暮らしをしていく中で、子どもたち一人ひとりが「自分の家」であるということを大切にし、自らが生活を創り上げ、お互いを認め合い、理解し合い、助け合ってより確かな成長ができることを願っています。
 

かりんの家の生活のひとこま

かりんの家の生活のひとこま
 
かりんの家リビング
<<社会福祉法人仙台キリスト教育児院>> 〒981-0906 宮城県仙台市青葉区小松島新堤7番1号 TEL:022-234-6303 FAX:022-234-6304