社会福祉法人仙台キリスト教育児院|第1種社会福祉事業|第2種社会福祉事業|公益事業|社会福祉事業活動|宮城県仙台市

 

法人沿革

 

沿革

沿革
  1905年(明治38年) 東北地方大凶作となり、仙台市内の教会は協力して救護活動に努める。
  1906年(明治39年) 宣教師フランシス・E・フェルプスが飢えに苦しむ棄児7名を救済したのが本院の始まり。
国内外より多額の寄与を受けて市内北四番丁に院舎を建設する。(当時の入所人数270余名)
  1924年(大正13年) 経営困難なため解散の議起こる。
  1925年(大正14年) 北野高弥6代目院長となり、味噌の醸造、養蚕など夫人と共に経営の改善にあたる。
  1932年(昭和 7年) 大坂鷹司が7代目院長となる。5月乳児棟建設。
  1933年(昭和 8年) 三陸海岸に大津波が起こり、県下5ヶ所に臨時託児所を設置する。
  1935年(昭和10年) 現在の小松島に院舎を新築移転し、乳牛飼育、りんごの栽培を始める。
  1945年(昭和20年) 戦災援護会と協力して四恩学園を設置。戦災孤児、浮浪児の収容にあたる。
  1952年(昭和27年) 社会福祉法人に組織を変更。
  1955年(昭和30年) 阿部報公会より寄付された基金をもとに「仙台乳児院」を開設。
  1963年(昭和38年) この年より3ヶ年の継続事業として養護施設院舎を改築する。
  1968年(昭和43年) 大坂譲治、8代目院長となる。
  1971年(昭和46年) 丘の家マスタープラン策定が始められる。
その一環として、コッテージの新築、男児棟の改築を行う。
  1976年(昭和51年) コッテージ5棟による養護施設「小松島子どもの家」開設。
  1978年(昭和53年) 「小松島子ども療育センター」開設。
  1979年(昭和54年) 民間としてわが国初の情緒障害児短期治療施設「小松島子どもの家」を開設。
  1982年(昭和57年) 仙台乳児院老朽化のため全面改築、ホームシステムの新院舎完成。
  1985年(昭和60年) わが国初の情緒障害児のための「親子訓練棟」(大坂誠記念館)建設。
  1990年(平成 2年) 「丘の家2000小松島総合福祉むら基本計画」マスタープラン策定。
  1993年(平成 5年) 特別養護老人ホーム「シオンの園」開設。
  1996年(平成 8年) 児童養護施設新院舎(小舎型)、地域交流スペース・多目的ホール完成。
落成献堂式並びに創立90周年式典挙行。
  1997年(平成 9年) 小松島訪問看護ステーション開設。
  2000年(平成12年) 地域小規模児童養護施設「かりんの家」開設。
  2001年(平成13年) 虹の丘保育園開設。
  2006年(平成18年) 特別養護老人ホーム「シオンの園」増床(ユニット棟)完成。小松島地域包括支援センター開所。
仙台キリスト教育児院創立100周年記念講演会・記念式典・祝賀会開催。
仙台キリスト教育児院100年史(処遇史)刊行。
  2007年(平成19年) 大坂欣哉、9代目院長となる。
  2008年(平成20年) 2つ目の地域小規模児童養護施設(グループホーム)「井田ホーム」開設。
  2009年(平成21年) 情緒障害児短期治療施設「小松島子どもの家」居住棟4棟新築。
  2010年(平成22年) 地域小規模児童養護施設「かりんの家」転居。
  2016年(平成28年)
鈴木重良、10代目院長となる。
地域小規模児童養護施設(グループホーム)「井田ホーム」転居、「ひまわり」と名称変更。
<<社会福祉法人仙台キリスト教育児院>> 〒981-0906 宮城県仙台市青葉区小松島新堤7番1号 TEL:022-234-6303 FAX:022-234-6304